かじきあん > ブログ トップ

  • 15-04-28

ありがとうございます

2015年新しく『長崎生き物探し』はじめます!

『長崎生き物探し』http://nozatake.blog.shinobi.jp/

こちらのほうもよろしくお願いします。

 

 

 

  • 未分類
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
  • 14-12-31

こんなんおったばい! クジメの卵保護

12月26日 長崎 大村湾より

今日はクジメの卵保護です。

ここ何年か 年の最後に大村湾のクジメを観察することが年末恒例となっていて

今年もクジメの卵保護を見ることが出来ました。

本来クジメの卵保護は11月末ぐらいから12月いっぱい見ることが出来るのですが

今回観察できた子も そのほよんどがハッチしており残っている卵も僅かで

今にもハッチしそうです。

その卵の傍にはオスのクジメが心配そうに卵を見守っていました。

2014/12/26 大村湾クジメ動画

 

 

 

 

  • 14-11-05

こんなんおったばい! ミミズハゼ

11月3日 長崎より

今日はミミズハゼです。

鮎の観察をしているときに何気なく目の前の石を取り除くと

目が合ってしまいました!

『うわっ!』 驚いた顔でこちらを見ているその目がもう・・・

初めて見ました。

名前はミミズハゼといいます。

一見 ウナギのようですが黄色っぽい身体で

体長7~8cm 長崎の川には結構居るようです。

顔はかわい過ぎでアイドルの要素は抜群なのですが

名前がミミズではいまいち人気が出ないのは判ります。

 

 

  • 長崎
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
  • 14-10-27

こんなんおったばい! ヤマノカミ

10月25日 長崎より

今日はヤマノカミです。

こいつ 前からいつか絶対見たいと思っていた奴です。

ついに見れました!

有明海に注ぐ川にしか居ない貴重な魚で

こいつを見ることが出来る川が日本にいくつあるのかというぐらいレアな魚です。

こいつと同じ様な奴で本州にアユカケという魚が居ますがアユカケは九州には居ません。

ヤマノカミは九州版アユカケといった感じで生態はよく似ていますが

顔がアユカケは丸い感じでかわいいのですが ヤマノカミは顔が怖いです。

 

 

  • 長崎
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
  • 14-10-09

こんなんおったばい! ルリホシスズメダイyg

9月29日 柏島より

今日はルリホシスズメダイygです。

こいつ3mぐらいの浅場にいました。

体長2cm

サンゴの間からこちらの様子をうかがいながら ちょこちょこと顔を出す姿が

とってもかわいい~~~!

でも大人になると誰からも相手にされなくなります。

幼魚の時期は身体の水玉模様が綺麗でみんなのアイドルです。

見つけると必ずカメラを向けるのですが ちっとも黙ってくれないので

満足のいく写真は撮れたことがありません。

 

 

  • 14-10-07

こんなんおったばい! ヒメウツボ

9月29日 柏島より

ガイドのまっちゃんが急にある岩の前で立ち止まり

その岩のある小さな穴に向かって手招きをはじめた。

すると穴の中でなにやら謎の生き物が動き出す。

何かは判らないがとりあえずシャッターを切ってみる。

ストロボの光で一瞬黄色いものが見えた。

なんだ?

すぐにその謎の生き物が姿を現わした!

ヒメウツボ!!!

こうやって見ると頭の大きさは小指ぐらい。

見るときはいつもこれぐらいの大きさなのでたぶんこれで成魚だと思う。

ウツボってだいたい怖い顔して威嚇してくるんだけど

こいつはめっちゃかわいい!

しかもなんでこんなにまっちゃんに慣れてんだろう。

指に絡み付いてどう見ても遊んでる。

ほとんどペット状態。

さすが柏島だ!! こんなものまでペットに。。。

ちなみに俺も手を近づけてみましたが ひっこんでしまいました。

俺じゃダメみたい。

 

 

  • 柏島
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
  • 14-10-05

こんなんおったばい! ヨゴレヘビギンポ

9月29日 柏島より

今日はヨゴレヘビギンポです。

なぜヨゴレヘビギンポというのかは判りませんが

綺麗な婚姻色のオスとメスが今まさに産卵の真っ最中!!!

寄り添っては離れ 寄り添っては離れをすばやく繰り返して岩壁に卵を産みつけています。

この日はウネリのひどい日でしたが そんなことなど関係なしに

せっせとこのオスとメスは卵を産みつけています。

しばらく観察をしていると このペアのそばに一匹のメスが近寄ってきました。

すると こともあろうにそのメスとも産卵を始めたではありませんか!

なんてこった 3Pはじめやがった。。。

っと思ったのもつかの間 周りをよく見ると一匹のオスを中心にそのオスを取り囲むように

メスが計5匹も居て オスは代わるがわる。。。。。ハッハッハ~~~

まさしくこれぞ夢のハーレム!!!

羨ましいかぎりです。。。

 

 

  • 14-10-04

こんなんおったばい! ヘリシロウツボ

9月29日 柏島より

今日はヘリシロウツボです。

こいつ その名のとおり背ビレが白く縁取られているからヘリシロウツボです。

そしてこの子は老成魚で身体の色も茶色く 目も白く濁っていてます。

しかし よく見かけるヘリシロウツボの若魚は 身体の色は白くところどころ黄色の模様が入り

目もきれいな黄色をしています。

背ビレが普段見かけるウツボよりも高く 体長はたぶん1m以上はあると思います。

 

 

  • 柏島
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
  • 14-07-22

こんなんおったばい! The テンジクダイの・・・

7月15日 長崎 大村湾より

長崎に帰って来て そろそろ潜りたいと思っていたところに良いタイミングで

海だよりの中村拓郎くんより電話があり

「テンジクダイのハッチしそうな奴が見つかったので今晩どうですか?」とのこと。

「なに~!! テンジクダイのハッチ!! 行く行く!!」っと鼻息も荒く二つ返事。

The テンジクダイのハッチは4年越しのテーマとなっていて 自分にとっては夢の生態なのです。

暗くなるちょっと前の19時ごろエントリー

早速その場所に行って見ると 熟れ熟れの卵をくわえたThe テンジクダイをすぐに発見!

卵をくわえたThe テンジクダイを見るのは3年ぶりです。

ちなみにここ大村湾の The テンジクダイは水深5~6mで観察できます。

しばらく観察していると口を開けたり 卵をもぐもぐしたりとハッチを促す動作を

頻繁に行っていて これは必ずハッチする!と確信。

そして今か今かと どきどきしながら待って・・・

そして 待って。 結局4時間。 時計は0時。

こりゃ明日だな。。。と 後ろ髪を引かれながら明日に期待してその場を離れました。

ところが次の日 その子は居なくなっていました。

めっちゃ悔しい。。。

 

 

  • 14-07-01

グランプリ頂きました!

6月7日 第5回大月水中フォトコン表彰式

大月水中フォトコンテストでなんとグランプリを頂きました!

作品名はハナイカのハッチ直後の姿を写した『産まれたて』です。

これは6月いっぱいで8年間生活した名古屋を離れると決め

名古屋生活8年の集大成として出したものです。

これがグランプリだからとんでもなく嬉しいんです!

このすばらしい生態を見せてくれたAQUASの松野夫妻と

この写真をグランプリに選んで頂いた吉野雄輔さんに感謝感謝です。

長崎に帰ってからも魚の生態を 良いのが撮れるようがんばっていくつもりです。

 

 

  • 柏島
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

かじきあん > ブログ トップ

Feeds

Return to page top